【IDで友達検索できない?楽天モバイルのLINE使用方法】年齢認証回避してID検索をするにはパソコン版LINEから!

楽天モバイルはMVNO(格安SIM)ですが、ドコモなど大手携帯キャリアと同様にLINEアプリを使うことができます。

また、MVNO(格安SIM)では年齢認証ができないと言われていますが楽天モバイルではどうなのか、LINEの年齢認証ができない場合年齢認証の回避方法はあるのかなどについて調べてみました。

関連記事:SIMサイズに注意!楽天モバイル機種変更(買い増し)方法

SPONSORED LINK

楽天モバイルでLINEは使える?

LINEは月額料金無料のコミュニケーションアプリですが、楽天モバイルでも無料でLINEアプリを使用することができます(^^)

楽天モバイルには3つのSIMタイプがありますが、楽天モバイル公式サイトの「ヘルプページ」によると、楽天モバイルでLINEアプリを利用したい場合には契約時に

  • 通話SIM
  • データSIM(SMSあり)

上記のいずれかのSIMタイプを選択する必要があるようです。

データSIM(SMSなし)でも、LINEアプリを利用することは可能なようですが、その場合Facebookと連携する必要がある、またLINE Outが利用できないといったデメリットがあります。

Facebookのアカウントを持っていない方や、LINE Outを利用したいという場合には、楽天モバイル契約時に「通話SIM」「データSIM(SMSあり)」を選択するようにしてください。

また、他社から楽天モバイルへ乗り換えた場合、他社で使用していた端末を楽天モバイルでも使用する場合には特に引き継ぎ手続きをする必要はありませんが、楽天モバイル乗り換えと同時に新しい端末にする場合には、今まで使用していた端末からデータの引き継ぎをする必要があります。

もし、データの引き継ぎをせず新しい端末でLINEの新規登録をしてしまうと、友だちリストはもちろん購入したスタンプのデータ等がすべて消えてしまうので、楽天モバイルに乗り換えと同時に新しい端末を購入しようと考えている方は、必ずLINEのデータ引き継ぎをしてください。

LINEのデータ引き継ぎ方法については、下記から紹介していきます。

関連サイト:楽天モバイル

データ引き継ぎ方法

まず、LINEアプリを起動させ「その他」→「設定」→「アカウント」と進みます。

「アカウント」のページの「メールアドレス登録」欄に利用可能なメールアドレスを入力し登録します。

メールアドレス登録時には、パスワードも登録することになるので、登録したパスワードは忘れないように管理してください。

「設定」のページに戻り、「アカウント引き継ぎ設定」をタップして、アカウントを引き継ぐを「オン」にします。

「オン」にした後、一定時間が経過すると「オフ」になってしまうので、注意して下さい。

次に、新しい端末にLINEアプリをインストールし起動させ、最初の画面で「ログイン」をタップします。

メールアドレスとパスワードの入力を求められるので、先程入力したメールアドレスとパスワードを入力し「確認」をタップします。

画面の指示に従って、電話番号とSMSで受信した4桁の認証番号を入力すれば、LINEのデータ引き継ぎは完了です。

引き継がれる情報

  • グループを含む友だちリスト
  • 「ノート」や「アルバム」の投稿
  • 自分のプロフィール情報
  • ホーム、タイムラインの内容
  • 購入したスタンプや着せかえの情報
  • 課金アイテムの購入履歴やコイン残高
  • 連動アプリの登録に関するデータ

購入したスタンプは、LINEの「マイスタンプ」から再度ダウンロードする必要があり、その際には購入料金は発生しません。

引き継がれない情報

  • 過去のトーク
  • トーク背景
  • 通知音の設定
  • コイン残高

コインの残高は、AndroidからAndroidへといったように、同じOS間であれば引き継ぐことができますが、iOSからAndroidといったようにOSが異なる場合は引き継ぐことができません。

楽天モバイルで年齢認証できる?

楽天モバイルで年齢認証はできない

LINEでは、18歳未満のユーザーがネット上でLINE IDを交換したり、知らない人からLINE IDを検索され、それらがきっかけになり事件やトラブルに巻き込まれたりということがないように、18歳未満のユーザーに対してLINEのID検索を制限しています。

このID検索を利用可能にするためには、LINEで年齢認証を行う必要がありますが、LINEの年齢認証ができるのは

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

といった大手携帯キャリアのみで、MVNO(格安SIM)ではLINEの年齢認証をすることができないため、楽天モバイルでもLINEの年齢認証はできません。

なぜ、大手携帯キャリアだけしかLINEの年齢認証ができないのかという点ですが、これは年齢認証の際にキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の年齢判定機能を利用しているからのようです。

LINEの年齢認証を行うと、LINEと大手携帯キャリア間で契約内容の照会が行われますが、MVNO(格安SIM)の場合大手携帯キャリアではないので、契約内容の照会を行うことができないため、LINEの年齢認証をすることができないようです。

ID検索ができない

では、LINEの年齢認証ができないとどうなるのかというと、LINE IDを用いて友だち検索や友だち追加をすることができません。

要するに、MVNO(格安SIM)はLINEの年齢認証ができないため、ID検索を使用することができないということです。

また、LINEのID検索ができないからといっても、友だち追加ができないというわけではなく、ID検索以外でも友だちを追加することはできます。

詳しくは、下記の「LINEのID検索以外の友だち追加方法」で紹介します。

年齢認証ができるMVNO(格安SIM)

上記で、MVNO(格安SIM)は年齢認証ができないと紹介しましたが、MVNO(格安SIM)でもLINEモバイルであれば、年齢認証ができID検索が使用できます(^^)

どうしてもLINEのID検索を使用したいという場合には、楽天モバイルではなくLINEモバイルを検討してみてはいかがでしょうか(^^)

関連サイト:LINEモバイル

関連記事:月額500円からの格安SIM!LINEモバイルのメリット・デメリット

LINEのID検索以外の友だち追加方法

ふるふるで友だちを追加

LINEの「ふるふる」という機能を使って友だちを追加する方法ですが、近くにいる人を友だちに追加する方法なので、友だちに追加したい人と距離が離れていたりすると、友だちに追加をすることができないので注意してください。

画像引用元:楽天モバイル

まずは、LINEアプリを起動させ「その他」をタップします。

「その他」の中にある「友だち追加」をタップします。

「友だち追加」の「ふるふる」をタップすると、「隣にいる友だちと一緒に端末をふって下さい。」というメッセージがでるので、友達と一緒に端末(スマホ)を振ります。

また、この際に端末(スマホ)の位置情報設定をONにしておく必要があります。

あとは、友だちの名前が表示されるので、チェックして友だちに追加をすれば完了です。

QRコードで友だち追加

QRコードで友だちを追加する方法ですが、友だちに追加したい人が近くにいなくても、QRコードをメールなどで相手からQRコードを送ってもらうと友だち追加をすることができます。

自分のQRコードを相手に送る場合

画像引用元:楽天モバイル

まずは、LINEアプリを起動させ「その他」をタップします。

「その他」のページにある「友だち追加」をタップします。

「友だち追加」のページにある「QRコード」をタップすると、QRコードリーダーが起動します。

QRコードリーダー画面の右下にある「自分のQRコードを表示する」をタップすると、QRコードが表示されるので相手にそのQRコードをスキャンしてもらうことで、友だち追加をすることができます。

また、友だち追加をしたい相手が近くにいない場合、自分のQRコードが表示されている画面の右上にあるメニューボタンの「保存」をタップすると、QRコードが保存されるのでその保存したQRコードをメールなどで相手に送って、スキャンしてもらいましょう。

相手のQRコードから追加する場合

画像引用元:楽天モバイル

まずは、LINEアプリを起動させ「その他」をタップします。

「その他」のページにある「友だち追加」をタップします。

「友だち追加」のページにある「QRコード」をタップすると、QRコードリーダーが起動します。

相手にQRコードを表示してもらい、それをQRコードリーダーで読み取ると、相手のユーザー名とプロフィール画像が表示され、「追加」をタップすると友だちに追加されます。

LINEの年齢認証回避方法

 

上記の通り、基本的にはMVNO(格安SIM)ではLINEの年齢認証ができないため、LINEのID検索機能を使用することができません。

しかし、LINEの年齢認証を回避して、ID検索を可能にする方法もあるようなので調べてみました。

関連サイト:楽天モバイル

パソコン版LINEで年齢認証を回避する

LINEには、PC版も用意されており、パソコンにインストールすればスマホ版LINEと同期して使用することができます。

そのPC版LINEを使用すれば、年齢認証をすることなくID検索ができるようです。

PC版LINEでは、友だち追加画面を表示すると検索窓がありそこに友達のLINE IDを入力すれば、そのIDに該当する友達が表示され友だち追加をすることができるようです。

ドコモのdアカウント等では年齢認証を回避できない

MVNO(格安SIM)でもdアカウントを取得することができますが、dアカウントを取得していてもMVNO(格安SIM)ではLINEの年齢認証を回避することはできないようです。

dアカウントを用いてMVNO(格安SIM)からLINEの年齢認証をしようと、

「本サービスはドコモの回線をお持ちの方向けのサービスです。お客様のdアカウントはドコモの電話番号登録がなされていないため、本サービスをご利用いただけません。

ドコモ携帯電話をお持ちの方は電話番号登録を行ってからもう一度やりなおしてください。」

というエラー画面が表示されるようです。

それならばと、電話番号を登録しようと思っても、電話番号登録の際にはネットワーク暗証番号の入力が求められるため、電話番号の登録ができません。

従って、dアカウントを取得していたとしてもMVNO(格安SIM)では、LINEの年齢認証はできないとのことです。

まとめ

  • 楽天モバイルでもLINEアプリは使える
  • 楽天モバイル乗り換え時に端末を新しくする場合はLINEのデータ引き継ぎをする
  • 楽天モバイルでは年齢認証ができない
  • 年齢認証ができないためID検索が使用できない
  • PC版LINEを使用すれば年齢認証を回避できる
  • ID検索以外にも友だち追加方法はある

関連サイト:楽天モバイル

SPONSORED LINK

関連記事

【SIMが届いたら初期設定!楽天モバイルAPN設定方法】iPhoneの場合は構成プロファイルをインストールするだけ!

前回の記事では、楽天モバイルのAPN設定に必要になる申し込み種別の確認方法について紹介しまし

記事を読む

【通話SIMもOK!楽天モバイルSMSの使い方・送受信料金】設定方法・受信拒否などのやり方についても解説!

楽天モバイルではプランによってはSMSを使用することができますが、現在友達などとのコミュニケ

記事を読む

【電話帳等のデータ移行も!楽天モバイルのオプション・サービス】解約方法やおすすめのオプション・サービスも紹介!

楽天モバイルでは、端末補償オプションをはじめ通話定額サービスなど、様々なオプションやサービス

記事を読む

【手数料はいくら?楽天モバイルにMNP転入の手順】開通手続きを自分ですると電話の不通期間なし!

前回の記事では、ウェブから楽天モバイルへ新規申し込みをする際の、申し込み方法の流れなどを紹介

記事を読む

【店頭で何ができる?楽天モバイルの店舗「楽天モバイルショップ」】新規契約の他端末を実際に触ることもできる!

多くのMVNO(格安SIM)事業者は店舗展開をしておらず、申し込みはウェブから手続きをするこ

記事を読む

【端末のみ購入可!楽天モバイルの端末】ドコモ・au機種は使える?SIMフリー端末はSIMを挿すだけでOK!

楽天モバイルでは、セット販売を行っており契約時に端末を購入することができます。 楽天モ

記事を読む

【スーパーポイントも使用可能!楽天モバイル料金支払い方法】クレジットカード払いの場合は楽天カードがお得!

楽天モバイルには、様々な支払い方法が用意されていますが、それぞれの支払い方法にはできる決済と

記事を読む

【チャットサポートあり!楽天モバイルの問合せ窓口】繋がらないのは繁忙期も影響している!

MVNO(格安SIM)は店舗展開をしていないことも珍しくなく、ショップがないということでMV

記事を読む

【回線元も紹介!格安スマホ「楽天モバイル」とは】使えるエリアはドコモと同じ通信エリア!

今回から、大手ネット通販サイト楽天が提供している、楽天モバイルを紹介していきたいと思います。

記事を読む

【いつからできる?手数料は?楽天モバイルプラン変更方法】SIMタイプが違うものへの変更は不可!

楽天モバイルは、高速データ通信ができない低価格なプランから、通信速度制限を気にすることなくネ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑