【楽天モバイルってどう?乗り換えるメリットデメリット】月額基本料金が安くてメインで使用している格安SIMサービスランキングNo.1!

楽天モバイルに乗り換えた場合、大手携帯キャリアに比べて月額基本料金が安くなるなど様々なメリットがある反面、デメリットも存在します。

そこで、ドコモなど大手携帯キャリアから楽天モバイルへ乗り換えて得られる、メリットやデメリットについて紹介していきます。

関連記事:回線元も紹介!格安スマホ「楽天モバイル」とは

SPONSORED LINK

楽天モバイルに乗り換えるメリット

月額基本料金が安い

画像引用元:楽天モバイル

大手携帯キャリアから楽天モバイルに乗り換えて得られる最大のメリットは、月額基本料金が安くなるということではないでしょうか。

例えば、メールくらいしかしないから通話はできなくてもいいということであれば、ベーシックプランのデータSIM(SMSなし)を選択すれば、携帯代を月々525円に抑えることができます。

また、通話機能はもちろん必要だし、動画なども観たいということであれば、楽天モバイルには

  • 20GBプラン
  • 30GBプラン

といった、大容量のデータプランも用意されているので、高速データ通信容量の消費が激しい動画コンテンツも安心して視聴することができます。

もちろん、大容量データプランであっても、大手携帯キャリアに比べて月額基本料金は安くなっています。

関連サイト:楽天モバイル

関連記事:ベーシックプランは安いが要注意!?楽天モバイル料金プラン

実店舗がある

大手携帯キャリアにはそれぞれ店舗があり、店舗に行けば契約をすることができたり、わからないこと疑問に思っていることを店員さんに聞いて解決することができます。

しかし、MVNO(格安SIM)の場合店舗を出していない事業者も多く、契約はウェブからとなっており、わからないこと疑問に思っていることは、公式サイトなどを見て自分で解決するしかありません。

特に、初めてMVNO(格安SIM)を利用しようと思っている方は、わからないことが多いのにそれを自分で調べて解決しないといけないとなると、不安に感じると思います。

しかし、楽天モバイルはMVNO(格安SIM)でありながら、店舗展開をしているので最寄りの楽天モバイルショップに行けば、わからないこと疑問に思っていることを、直接店員さんに質問や相談をすることができるので安心です(^^)

また、楽天モバイルの契約も店舗で受け付けをしています。

関連記事:店舗で何ができる?楽天モバイルの店舗「楽天モバイルショップ」

通話定額オプションがある

大手携帯キャリアには、通話定額プランが用意されており通話料を気にせず通話をすることができますが、MVNO(格安SIM)では通話定額プランがない事業者もあり、その場合電話をかければかけるほど通話時間が長くなればなるほど通話料がかさんでいきます。

せっかく月額基本料金が安いMVNO(格安SIM)にしたのに、通話料がかさんでしまっては月額基本料金の安さが霞んでしまいますよね(>_<)

それでは、楽天モバイルはどうかというと、通話定額オプションが用意されており、「楽天でんわ5分かけ放題」というオプションに申し込んで、楽天でんわというアプリを使用して発信すると、5分以内の国内通話であれば何回かけても無料で通話をすることができます。

また、ほとんど通話をしないという方であれば、「楽天でんわ5分かけ放題」オプションに申し込んだら逆に損をしてしまうので、不要であれば申し込む必要もありません。

関連サイト:楽天モバイル

関連記事:楽天でんわ使用でかけ放題!楽天モバイルは通話料無料

楽天スーパーポイントが貯まる・使える

月額料金の支払いには、クレジットカードしか選択できないMVNO(格安SIM)事業者も多い中、楽天モバイルでは

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

といった複数の支払い方法が用意されている他、楽天スーパーポイントを使って楽天モバイルの月額基本料金を支払うこともできます。

MVNO(格安SIM)事業者はたくさんありますが、月々の支払いに楽天スーパーポイントを使用できるMVNO(格安SIM)は、恐らく楽天モバイルだけでしょう。

また、楽天モバイルの料金を楽天カードで支払いをする場合、楽天スーパーポイントが貯まります。

なので、月額基本料金を支払う際には、楽天スーパーポイントを使用して残金を楽天カードで支払うという使い方をすると、実際に支払う金額を安くすることができます(^^)

関連サイト:楽天カード

関連記事:スーパーポイントも使用可能!楽天モバイル料金支払い方法

端末補償をつけることができる

楽天モバイルが用意しているオプション・サービスの中には、端末補償オプションもあります。

楽天モバイルの端末補償オプションは、楽天モバイルで購入した端末だけでなく、

  • ドコモで購入した端末
  • SIMフリー端末
  • SIMロック解除した端末
  • iPhoneなどApple製の端末

など、楽天モバイル以外で購入した端末にも端末補償オプションをつけることができます。

どうせ壊れないし端末補償オプションなんて必要ないと思う方もいるでしょうが、端末は精密機器なのでいつ壊れるかわかりません。

また、楽天モバイルの端末補償オプションは、メーカー補償の対象外となることが多い

  • 自損
  • 水濡れ

などの故障にも対応してくれるので、個人的には端末補償オプションは申し込んでおいたほうがいいかと思います。

関連記事:電話帳等のデータ移行も!楽天モバイルのオプション・サービス

3日制限がない

通信速度制限には、1ヶ月間で使用できる高速データ通信容量を使い切ったら規制がかかるものと、直近3日間で使用した高速データ通信容量の合計が規定値以上だと規制がかかる3日制限と言われるものがあります。

大手携帯キャリアにも、3日制限を設けているキャリアもありますが、楽天モバイルは3日制限を撤廃したため、3日制限を気にせず端末を使用することができます。

3日制限がないというのはメリットでもある反面、データ通信容量を気にしなくなり、1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量を使いきってしまい通信速度制限がかかるということも考えられるので、データ容量の使いすぎには注意が必要です。

関連記事:3日制限なし!楽天モバイルの通信速度制限

楽天モバイルに乗り換えるデメリット

LINEで年齢認証ができない

大手携帯キャリアを利用している場合、LINEの年齢認証をすることができ、LINEのID検索が利用可能になりますが、楽天モバイルの場合にはLINEの年齢認証ができないので、LINE IDを用いて友達を検索したり検索されたりすることができません。

といっても、LINEの年齢認証ができないのは、楽天モバイルに限った話ではなくその他のMVNO(格安SIM)事業者でも、LINEの年齢認証はできません。

ただ、ID検索ができないからといって、友だち追加ができないというわけではなく

  • QRコード
  • ふるふる

などの機能を使用すれば、友だちを追加することができるので、ID検索ができなくても特に問題はありません。

しかし、どうしてもID検索が使えないと嫌だということであれば、楽天モバイルではなくMVNO(格安SIM)で唯一LINEの年齢認証ができるLINEモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

関連サイト:LINEモバイル

関連記事:IDで友達検索できない?楽天モバイルのLINE使用方法

キャリアメールが使えなくなる

大手携帯キャリアを利用している場合、

  • ドコモ:@docomo.ne.jp
  • au:@ezweb.ne.jp
  • ソフトバンク:@softbank.ne.jp

といったように、キャリアメールが付与されていたかと思いますが、大手携帯キャリアから楽天モバイルに乗り換えた場合、上記のキャリアメールは使用できなくなってしまいます。

また、ほとんどの場合MVNO(格安SIM)ではキャリアメールは付与されないので、自分でGmailなどフリーメールアドレスを取得する必要があります。

しかし、楽天モバイルの場合、月額料金無料で楽天メールというメールサービスの提供をしており、申し込めば使用することができます。

楽天メールは、もちろん大手携帯キャリアが提供するキャリアメールともやりとりすることはできますが、相手がPC用メールを受信拒否にしていた場合、相手の迷惑メールフィルターに引っかかり届かないこともあるようです。

楽天メールは楽天が提供しているメールサービスですが、上記のようなことがあるので、大手携帯キャリアのキャリアメール程使い勝手がいいというものではなく、そこがちょっと残念なところですね・・・(>_<)

関連記事:ドコモ等のアドレスに届かない?楽天モバイルのメールサービス

公式サイトがわかりにくい・サービスが複雑

これは個人的な所感なんですが、楽天モバイルについて色々と調べていたとき、公式サイトに知りたい情報がない、又は知りたい情報を見つけづらいということが少なからずありました。

例えば、初めて楽天モバイルの料金プランのページを見た時、ベーシックプランってなんだろう?と思い、ベーシックプランの詳細についてページ内を探してみたんですが、よくわからず・・・

ヘルプページなどで調べてやっと、ベーシックプランとは高速データ通信ができないプランだとわかったんですが、料金プランのページにその説明があればもっとわかりやすいのになぁと感じました。

また、楽天モバイルには申し込み種別というものが割り当てられていて、申し込み種別によってAPN設定(初期設定)情報が異なるので、APN設定をするにはまず自分の申し込み種別を確認する必要があるなど、ちょっと複雑だなと感じました。

人によっては、そもそも申し込み種別をどうやって確認するのかというところで躓いてしまう方もいると思うので、もっと簡潔にしてもらいたいですね(>_<)

関連記事:初期設定に必要!楽天モバイル申し込み種別確認方法

問い合わせ窓口が繋がりにくい

大手携帯キャリアを利用してい場合、わからないことがあればショップに行って店員さんに相談していたかと思います。

楽天モバイルの場合、店舗展開をしているのでわからないことは楽天モバイルショップに行って、店員さんに質問すれば解決しますが、最寄りに楽天モバイルショップがないという方は、問い合わせ窓口からわからないことを質問することになります。

どのMVNO(格安SIM)の問い合わせ窓口も同じだと思いますが、基本的に問い合わせ窓口は混雑しており、なかなか繋がりません・・・

私も実際に問い合わせをしたことがあるんですが、現在対応できるオペレーターがいないということで繋がらず、何度か問い合わせを試みたところ、やっと対応してもらうことができました(>_<)

ただ、問い合わせ窓口が繋がりにくいのは間違いないんですが、全然繋がらないということはないかと思います。

私の場合、21時頃に問い合わせをしたら対応してもらえたので、遅い時間であれば対応してくれる可能性は高いようですね。

関連記事:チャットサポートあり!楽天モバイルの問い合わせ窓口

まとめ

  • 大手携帯キャリアに比べて月額基本料金が安い
  • MVNO(格安SIM)ながら実店舗がある
  • 通話定額オプションも用意されている
  • 料金の支払いに楽天スーパーポイントが使える
  • 楽天モバイル以外で購入した端末にも補償をつけることができる
  • 3日制限がない

関連サイト:楽天モバイル

SPONSORED LINK

関連記事

【IDで友達検索できない?楽天モバイルのLINE使用方法】年齢認証回避してID検索をするにはパソコン版LINEから!

楽天モバイルはMVNO(格安SIM)ですが、ドコモなど大手携帯キャリアと同様にLINEアプリ

記事を読む

【SIMが届いたら初期設定!楽天モバイルAPN設定方法】iPhoneの場合は構成プロファイルをインストールするだけ!

前回の記事では、楽天モバイルのAPN設定に必要になる申し込み種別の確認方法について紹介しまし

記事を読む

【テザリングできる?楽天モバイルはiPadも使用可能】タブレット販売もあり!ドコモ端末はそのまま使用可能!

楽天モバイルは、申し込みの際に同時に端末も購入することができ、端末はスマホだけでなくタブレッ

記事を読む

【キッズ携帯はある?楽天モバイルで子供用の回線を契約するには】利用者が18歳未満であればフィルタリングソフトの契約が必須!

ドコモ・au・ソフトバンクなど大手携帯キャリアでは、子供に持たせるキッズ携帯と言われる防犯ブ

記事を読む

【初期設定に必要!楽天モバイル申し込み種別確認方法とは】メンバーズステーションにログインできない場合の対処法も紹介!

楽天モバイルに申し込みをしてSIMカードが届いたら、APN設定という初期設定をしないと通信が

記事を読む

【契約時に加入審査はある?楽天モバイルの審査落ちの基準とは】申し込み時の入力ミスには特に注意!

他のMVNO(格安SIM)や大手携帯キャリア申し込み時には、加入審査というものがあり審査に通

記事を読む

【SIMカードは返却!楽天モバイルの解約方法】違約金(解除手数料)は最低利用期間を満たしていないと発生!

楽天モバイルは、月額基本料金が安いお得なMVNO(格安SIM)ですが、何らかの理由で解約をし

記事を読む

【回線元も紹介!格安スマホ「楽天モバイル」とは】使えるエリアはドコモと同じ通信エリア!

今回から、大手ネット通販サイト楽天が提供している、楽天モバイルを紹介していきたいと思います。

記事を読む

【通話SIMもOK!楽天モバイルSMSの使い方・送受信料金】設定方法・受信拒否などのやり方についても解説!

楽天モバイルではプランによってはSMSを使用することができますが、現在友達などとのコミュニケ

記事を読む

【サイズ変更可能?楽天モバイルSIMカード変更方法】料金や日数はどれくらい?データSIMから通話SIMへ変更できる?

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手携帯キャリアでは、機種変更をして今まで使用していたSI

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑