【通話SIMもOK!楽天モバイルSMSの使い方・送受信料金】設定方法・受信拒否などのやり方についても解説!

楽天モバイルではプランによってはSMSを使用することができますが、現在友達などとのコミュニケーションツールといえば、LINEやメールがほとんどなので、SMSを必要と感じていない方もいるかと思います。

しかし、SMSが使用できないと問題が生じるケースもあるようなので、今回はSMSの必要性や、楽天モバイルでSMSを使用するにあたって発生する送受信料金、SMSの使い方などについて調べてみました。

関連記事:ベーシックプランは安いが要注意?楽天モバイル料金プラン

SPONSORED LINK

楽天モバイルのSMSについて

SMSとは

楽天モバイルのSMSの説明に入る前に、そもそもSMSとはなんなのかについて紹介していきます。

SMSとはショートメッセージサービスの略で、電話番号を宛先として使用するので、相手のメールアドレスを知らなくても、メッセージを送受信することができるサービスのことです。

近年、MVNO(格安SIM)が台頭してきたことによって、SMSというワードをよく目にするようになったように感じますが、SMSというサービス自体はガラケーが主流の頃から存在していました。

私は、ガラケーが主流の頃から携帯電話を使用していますが、ガラケーを使用していた頃もスマホを使用してる現在も、SMSはほぼ利用したことがありませんし、恐らく日常的にSMSを使用している方はほとんどいないのではないでしょうか(笑)

ちなみにSMSを利用できるアプリには

  • メッセージ
  • メッセンジャー
  • Viber
  • ハングアウト

といったようなものが挙げられます。

SMSがないとLINEが使えない?

上記の通り、SMSは日常的に使用されているものではないので必要なさそうですよね。

また、MVNO(格安SIM)に乗り換える、または契約する際には、

  • 通話SIM
  • データSIM(SMSあり)
  • データSIM(SMSなし)

という3つのSIMタイプから選択するようになり、データSIM(SMSあり)はデータSIM(SMSなし)に比べて、月額基本料金が約100円ほど高くなるので、尚更必要性が感じられません・・・

ですが、データSIM(SMSなし)を選択した場合

  • LINEなどでSMS認証ができない
  • アンテナピクト問題によりバッテリー消費が早くなる可能性がある

といった弊害があり、特に本人確認のためにSMS認証を必要とするアプリでは、SMSが使用できないためSMS認証をすることができません。

LINEの場合、SMS認証ができなくてもFacebookと連携すれば、LINEを使うことができますがその場合

  • LINE Outができない
  • LINE Storeが利用できない

といったように利用できない機能もでてくるので、そういった観点で考えるとSMSは利用できたほうが便利ですね(^^)

関連サイト:楽天モバイル

関連記事:IDで友だち検索できない?楽天モバイルのLINE使用方法

SMSにかかる料金

楽天モバイルでSMSを利用するには、何かオプションサービスに加入しなければいけないというわけではなく、

  • 通話SIM
  • 050データSIM(SMSあり)

で契約していれば、申し込み不要で利用することができます(^^)

SMSを使用するにあたって月額使用料金は必要なく、またSMS受信も無料ですが、SMSを送信する場合には料金が発生します。

SMS送信料は、国内から国内であれば1通につき3円、国内から海外の場合には1通につき50円の送信料がかかります。

また、SMSには文字数に制限があり1通あたり全角70文字までとなっていて、全角71文字になってしまった場合2通SMSを送るようになってしまうので、2通分のSMS送信料金が発生します。

SMSの料金に関しては特に割引などはなく、送信すればするほど料金が発生するので、相手のメールアドレスを知っているのであれば、メールでやりとりをしたほうが賢明です。

SMS送受信料

  • SMS受信料:0円
  • SMS送信料(国内から国内):3円/通
  • SMS送信料(国内から海外):50円/通

関連サイト:楽天モバイル

SMSなしからSMSありに変更できる?

データSIM(SMSなし)を使用していて、やっぱりSMSがあったほうが便利だなと思った場合、

  • データSIM(SMSなし)→通話SIM
  • データSIM(SMSなし)→データSIM(SMSあり)

といったように、SIM種別を変更することはできません。

できませんと言うと語弊がありますが、以前「楽天モバイルSIMカード変更方法」の記事で紹介したように、SIM種別を変更する場合プラン変更をするようにウェブから手軽に手続きとはいきません。

「データSIM(SMSなし)→通話SIM」といったように、異なるSIMタイプへ変更する場合には、現在契約しているSIMを解約して、その後新たに楽天モバイルに申し込みし直すという流れになります。

今回の場合だと、現在契約しているデータSIM(SMSなし)を解約後、通話SIMまたはデータSIM(SMSあり)で申し込みし直すようになります。

関連記事:サイズ変更可能?楽天モバイルSIMカード変更方法

海外にも送信できる?

上記の通り、SMSは海外にいる相手にも送信することはできますが、海外へ送信する場合1通あたり50円と高額な料金がかかってしまいます。

そのため、海外にいる相手と連絡がとりたい場合には、SMSではなく送受信に料金が発生しない連絡手段で、連絡をとるようにしたほうがいいでしょう。

楽天モバイルのSMSの設定・使い方

SMSの使い方

Android端末の場合

Android端末の場合には、まず端末にある「メッセージ」というアプリを起動させます。

「メッセージ」は、Android端末であれば標準でインストールされているアプリなので、ホーム画面若しくはアプリ一覧を表示すれば「メッセージ」アプリがあるかと思います。

「メッセージ」が起ち上がったら、右下の「+」ボタンをタップすれば、SMSを新規作成することができます。

「To」という欄には、SMSを送信したい相手の電話番号を入力するようになります。

最後に、「メッセージを入力」という欄にメッセージを入力して、メッセージを送信してください。

iOS端末の場合

「メッセージ」アプリを起動させます。

画面右上にあるボタンをタップして、新規メッセージを作成します。

「宛先」にはSMSを送信したい相手の電話番号を入力し、テキストボックスに本文を入力したら、メッセージを送信します。

拒否設定をするには

ドコモなど大手携帯キャリアでは、特定の電話番号からのSMSを受信したくない場合にはSMS拒否設定で拒否をすることができます。

しかし、調べてみると楽天モバイルには個別番号拒否ができないようなので、SMS受信拒否アプリなどを使用して対応する他ないようです。

SMSの受信・送信ができない場合の対処法

「楽天モバイル SMS」で検索すると、検索候補に

  • 「受信できない」
  • 「送信できない」

というワードがあり、実際にSMSが送信できなくて困っている方もいるようでした。

そこで、楽天モバイルを使用していてSMSの送受信ができない時の対処法について調べてみたんですが、ウェブ上にはこれといった解決方法が紹介されておらず、また楽天モバイル公式サイトにもそれに関しての記載はありませんでした(>_<)

ただ、調べていてSMSを受信できない時の対処法を発見したので、紹介します。

  • アプリを最新バージョンにする
  • SMSアプリを統一する

上記がその対処法になります。

SMSアプリを統一するについてですが、SMSアプリには様々な種類がありますが、使用するSMSアプリは1つに統一しておく必要があります。

というのも、例えば「メッセージ」というアプリを使用してSMSを送受信したいのに、デフォルトのSMSアプリが「ハングアウト」というアプリに設定されている場合、「メッセージ」でSMSの送受信ができないことがあるようです。

なので、使用するSMSアプリは1つに統一して、そのアプリをデフォルトのSMSアプリに設定して使用すると、そういった事をトラブルを避ける事ができるようです。

まとめ

  • SMSが使用できないとSMS認証をすることができない
  • SMSの受信は無料だが、送信時に料金が発生する
  • 海外にも送信可能だが、国内に比べて送信料が割高になる
  • SMSなしからSMSありに変更する場合は一度解約する必要がある

関連サイト:楽天モバイル

SPONSORED LINK

関連記事

【電話帳等のデータ移行も!楽天モバイルのオプション・サービス】解約方法やおすすめのオプション・サービスも紹介!

楽天モバイルでは、端末補償オプションをはじめ通話定額サービスなど、様々なオプションやサービス

記事を読む

【スーパーポイントも使用可能!楽天モバイル料金支払い方法】クレジットカード払いの場合は楽天カードがお得!

楽天モバイルには、様々な支払い方法が用意されていますが、それぞれの支払い方法にはできる決済と

記事を読む

【ベーシックプランは安いが要注意!?楽天モバイル料金プラン】おすすめのプランやそれぞれの内容の違いなども紹介!

前回の記事では、楽天モバイルの特徴などを紹介しましたが、今回は具体的に大手携帯キャリアと比較

記事を読む

【契約時に加入審査はある?楽天モバイルの審査落ちの基準とは】申し込み時の入力ミスには特に注意!

他のMVNO(格安SIM)や大手携帯キャリア申し込み時には、加入審査というものがあり審査に通

記事を読む

【3日制限なし!楽天モバイルの通信速度制限】高速データ通信容量の残容量はアプリで確認できる!

ドコモなど大手携帯キャリアを使用していて、ネットのしすぎで通信速度制限がかかってしまい、通信

記事を読む

【SIMサイズに注意!楽天モバイル機種変更(買い増し)方法】Web限定キャンペーンを利用すればお得に端末が手に入る!

大手携帯キャリアでは、ショップに行けば機種変更をすることができますが、楽天モバイルの場合はど

記事を読む

【初期設定に必要!楽天モバイル申し込み種別確認方法とは】メンバーズステーションにログインできない場合の対処法も紹介!

楽天モバイルに申し込みをしてSIMカードが届いたら、APN設定という初期設定をしないと通信が

記事を読む

【楽天でんわ使用でかけ放題!楽天モバイルは通話料無料】アプリ使用・オプション加入で5分間の通話が無料に!

ドコモなど大手携帯キャリアでは通話定額プランが用意されていますが、MVNO(格安SIM)では

記事を読む

【チャットサポートあり!楽天モバイルの問合せ窓口】繋がらないのは繁忙期も影響している!

MVNO(格安SIM)は店舗展開をしていないことも珍しくなく、ショップがないということでMV

記事を読む

【SIMが届いたら初期設定!楽天モバイルAPN設定方法】iPhoneの場合は構成プロファイルをインストールするだけ!

前回の記事では、楽天モバイルのAPN設定に必要になる申し込み種別の確認方法について紹介しまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑