【歌詞が違う?KANA-BOON「talking」】アニメ・すべてがFになる主題歌!PVにはシナリオアートも出演!

アニメ「すべてがFになる」の主題歌に起用された、KANA-BOONの「talking」を紹介していきます。

この曲は、KANA-BOONがインディーズだった頃に制作した曲なんですが、インディーズの頃と現在とでは若干歌詞が違っているそうです。

その変わった歌詞とは・・・

関連記事:岸本斉史絶賛!KANA-BOON「ダイバー」

SPONSORED LINK

アニメ「すべてがFになる」主題歌:KANA-BOON「talking」

「talking」とは

  • 発売日:2015年11月11日
  • 収録アルバム:Origin
  • 備考:オリコン最高順位14位

アニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」の主題歌

「talking」は、「シルエット」「ダイバー」に続き、アニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」の主題歌に起用された、タイアップ曲となっています。

「talking」は、タイトル通りコミュニケーションをテーマにした曲で、印象的な会話劇が繰り広げられる作品にぴったりな楽曲に仕上がっていると、まぐぽよが話していました(^^)

関連記事:KANA-BOON初タイアップ曲!ナルトOP「シルエット」

「talking」はインディーズ時代から存在

ボーカルの谷口鮪が、もともとすごく好きな曲だったという「talking」は、実はKANA-BOONのインディーズ時代から存在していた曲なんです。

現在は既に廃盤になっている、自主制作盤シングル「口をとざして」に収録されていた「talking」ですが、スタッフと

「どこかのタイミングでリリースできればいいね」

という話をしていたそうです。

この曲が主題歌として起用される「すべてがFになる」はミステリーなアニメで、ちょっと大人な雰囲気も曲とマッチしているし、メンバーの技術面的にも、今がタイミングかなということでリリースが決まりました。

関連記事:家族と絶縁状態!?KANA-BOONボーカル:谷口鮪を紹介

歌詞が違う?変更になった?

今回ついにシングルとして発売された「talking」ですが、インディーズの頃に発表した「talking」と今作では、歌詞をところどころ変えた箇所があるんだそうです。

例えば、曲の冒頭の

「♪小洒落たシティーポップ聴きながらブランドのバッグ選んでるそんな未来は勘弁だ」

というフレーズがあるんですが、ここは元々違う歌詞が乗っていたそうです。

谷口鮪曰く、歌詞を変えたのは、KANA-BOONはそれぞれの楽器の個性がどんどんでてきているから、そこに負けないようにという意図があったそうですが、基本的には曲の雰囲気はそのままになっていると話しています。

めしだは指弾きに挑戦

これまでずっと、自分のプレイを変えたいと思っていたと話すめしだは、なかなかそれを実行に移せなかったそうです。

そんなめしだは、できないなりにもがいてみようと思い、今作「talking」で指弾きにチャレンジしています。

最初は難しくて地獄だったと話していますが、やってみると楽しかったようで

「今までのレコーディングは怒られてばかりで楽しくなかったけど、今回は楽しく録れました」

と、話していました(笑)

私は演奏の良し悪しはわかりませんが、初めて「talking」を聴いた時、ベースの音いいなと思ったんですが、そこにはめしだの頑張りがあったんですね(笑)

関連記事:KANA-BOONのかわいいベース担当:飯田祐馬(めしだ)を紹介

PVについて

アニメ「すべてがFになる」の主題歌ということもあってか、「talking」のPVはミステリアスな感じに仕上がっていて、内容はクローン技術が発達した近未来の日本が舞台で、研究所に捕らわれた女の子、謎のひつじ博士を軸にしたストーリーとなっています。

PVの監督を務めた多田卓也は、「talking」にはヒリヒリした印象があったので、近未来的な無機質な空間を舞台にしたいと考え、ビルの中での撮影になりました。

また、曲を聴いて夜が似合うという印象も受け、アニメの放送も深夜ということもあり、PVの撮影は深夜に行われました。

めしだは、「talking」のPVに関して

「この映像のおかげで、曲が誤解なく届いている感じがした」

と話しています(^^)

PV出演のダンサーの女の子

PVを観ていると、クールビューティーなかわいい女の子がダンスを踊ったりしていますよね。

「talking」のPVに出演しているこのダンサーは、東京ゲゲゲイというダンスパフォーマンス集団に所属している、「YUYU」という女の子です。

PVのYUYUの役どころは、「talkingロボット」という設定なんだそうですが、ロボットダンスもキレキレなのは、そういうグループに所属しているからなんですね(^^)

また、YUYUはKANA-BOONのPVだけでなく

  • サカモト教授「僕らの世界にダンスを」
  • ソナーポケット「GIRIGIRI」
  • 赤西仁「Mi Amor」
  • OKAMOTO’S「Dance With You」
  • KANA-BOON「talking」
  • シナリオアート「ナナヒツジ」
  • クリープハイプ「鬼」

といったアーティストのPVにも出演しています。

YUYU プロフィール

  • 読み:ゆうゆ
  • 本名:田村侑弓
  • 誕生日:1996年10月31日
  • 血液型:A型
  • 出身:群馬県

PVにはシナリオアートも出演

「talking」のPVの最後のほうのシーンに、ビルのようなところからKANA-BOONの演奏を見ている3人組が登場しますよね。

実は、この3人組は「シナリオアート」というバンドのメンバーなんです。

では、何故KANA-BOONのPVにシナリオアートが出演しているかというと、アニメ「すべてがFになる」のオープニング曲にはKANA-BOONの「talking」、エンディング曲にはシナリオアートの「ナナヒツジ」が起用されており、それに加えて「talking」と「ナナヒツジ」のPVは、多田卓也が監督を務めた作品で、2つのPVの世界観は共通しているためだと思われます。

もちろん、KANA-BOONもシナリオアートの「ナナヒツジ」のPVに出演していますよ(^^)

Amazon:シナリオアート

楽天:シナリオアート

「talking」 収録アルバム

  1. オープンワールド
  2. 机上、綴る、思想
  3. なんでもねだり
  4. ランアンドラン
  5. anger in the mind
  6. インディファレンス
  7. talking
  8. グッドバイ
  9. 革命
  10. ダイバー
  11. スタンドバイミー
  12. Origin

Amazon:Origin

楽天:Origin

まとめ

  • アニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」の主題歌
  • コミュニケーションをテーマにした楽曲
  • 「talking」はインディーズ時代に制作した曲
  • インディーズ時代と今作では、歌詞が若干違う
  • PVのダンサーの女の子は、東京ゲゲゲイの「YUYU」
  • PVにはシナリオアートも出演
SPONSORED LINK

関連記事

no image

【進研ゼミとコラボした応援ソング!KANA-BOON・ランアンドラン】歌詞は卒業がテーマに!

アルバム「Origin」に先駆けて発表された、KANA-BOONのシングル「ランアンドラン」について

記事を読む

no image

【ドコモdヒッツCM曲:KANA-BOON・1.2. step to you】歌詞PVは「ないものねだり」とリンク!

今回は、ドコモのCM曲にも使用されたKANA-BOONの「1.2. step to you」を紹介し

記事を読む

no image

【こいちゃんのホルモンの歌とは?KANA-BOON:小泉貴裕】ドラム担当メンバーは断ることをしない癒し系!

KANA-BOONのドラム担当、こいちゃんこと小泉貴裕について書いていきます。 断ることをしな

記事を読む

no image

【谷口鮪の実体験!?KANA-BOONのアルバム「僕がCDを出したら」】「眠れぬ森の君のため」は嘘一つ無い正直な歌!

KANA-BOON初の全国流通盤作品、ミニアルバム「僕がCDを出したら」を紹介していきます。

記事を読む

【お寺ライブPV!?KANA-BOON「盛者必衰の理、お断り」】歌詞は平家物語や寿限無を引用!

キャッチーな歌詞が印象的な、KANA-BOONのメジャーデビューシングル「盛者必衰の理、お断り」を紹

記事を読む

【バンド名が適当すぎ!堺市出身・KANA-BOON】人気アニメやCMソングにも起用される等勢いのある4人組ロックバンド!

大阪府堺市を中心に活動していたバンド、「KANA-BOON」について書いていきたいと思います。

記事を読む

no image

【PVはポケモンGO?KANA-BOON「ウォーリーヒーロー」の歌詞の意味】恐れずに気持ちを吐き出したメッセージソング!

KANA-BOON初のメッセージソング、「ウォーリーヒーロー」を紹介していきます。 ボーカルの

記事を読む

no image

【PVの女の子は岸井ゆきの!KANA-BOON・ないものねだり】歌詞のゆらゆらが印象的な代表曲!

歌詞の「ゆらゆらゆらゆら」が印象的な、KANA-BOONの代表曲「ないものねだり」を紹介していきます

記事を読む

no image

【岸本斉史絶賛!KANA-BOON・ダイバー】映画「BORUTO」主題歌に起用!歌詞に込められた意味とは?

アニメ映画「BORUTO」の主題歌に起用された、KANA-BOONの「ダイバー」について書いていきた

記事を読む

no image

【PVの金髪女子は誰!?KANA-BOON「Wake up」】歌詞は映画主題歌ということで「目覚め」がキーワードに!

映画「グッドモーニングショー」の主題歌に起用された、KANA-BOONの「Wake up」について書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑