【香川県粟島のおすすめ宿泊ホテル:ル・ポール粟島】ウミホタル鑑賞もできてバーベキューも楽しめる!

le-port-awashima (29)

ウミホタルや漂流郵便局等、香川県の粟島を観光した際に、ル・ポール粟島というホテルに宿泊しました。

粟島の宿泊施設には、宿泊費の安い民宿もあるんですが、私がル・ポール粟島を選んだ理由や、ル・ポール粟島について紹介したいと思います。

関連記事:香川県粟島でウミホタル鑑賞ができる

関連記事:届け先のわからない手紙が届く香川県粟島の漂流郵便局

SPONSORED LINK

ル・ポール粟島

専用駐車場

le-port-awashima (1)

三豊市の須田港から、定期船に乗って粟島へ渡らないといけませんが、ル・ポール粟島に宿泊する場合、須田港にあるル・ポール粟島の専用駐車場を利用することができます。

専用駐車場は、定期船乗り場のすぐ近くに1つと、須田港から徒歩約5分圏内にある詫間魚市場の近くにも駐車場があります。

詫間魚市場の近くの駐車場は、臨時駐車場になっていて、定期船乗り場の近くの駐車場が満車の場合は、こちらを利用してください。

定期船乗り場の近くにある、ル・ポール粟島の専用駐車場は8台車が停めれるようになっています。

粟島港から近い

le-port-awashima (26)

ル・ポール粟島は、粟島港から徒歩約5分程で着きます。

宿泊するとなると、荷物が多くなるので重たい荷物を持っての移動は、極力避けたいですよね。

粟島には、何か所か民宿など宿泊施設はありますが、宿泊料金は安くても粟島港から距離があるので、荷物を持って徒歩で移動しなければいけません・・・

粟島は坂道が多いので、重たい荷物を持っての移動は大変です(>_<)

その点、ル・ポール粟島は港から近いので、荷物を持っての移動時間も少なくて楽でしたね。

ランチ営業も

le-port-awashima (20)

ル・ポール粟島では、ランチ営業もやっています。

ランチのメニューは、日によってメニューが変わる日替わり定食や、おまかせ丼などのメニューがありました。

le-port-awashima (15)

私は、日替わり定食と迷ったんですが・・・おまかせ丼のまぐろの漬け丼を注文しました!

おまかせ丼も日替わりで、前日のおまかせ丼はかき揚げ丼でした。

ランチのメニューは、他にもカレーやうどんもありましたが、やはり日替わり定食や丼がよく注文されていましたね!

ランチはル・ポール粟島でしか食べれない

le-port-awashima (19)

粟島でランチ営業をやっているお店は、ル・ポール粟島だけしかありません。

なので、お昼時になると地元の人や、粟島に遊びに来た人など、たくさんの人がル・ポール粟島の食堂にやってきます!

というか、ほとんどが地元の人で、ランチ時は憩いの場と化していましたね(笑)

ル・ポール粟島の支配人

le-port-awashima (23)

ル・ポール粟島の支配人(?)と言ったらいいんでしょうか、男性のスタッフがとても人柄が良く好感が持てました!

ル・ポール粟島のわからないことはもちろん、粟島のおすすめの観光スポットやウミホタルのこと、いつどこに行けば一番綺麗な景色が見れる等、様々なことを話してくれますよ。

それだけでなく、粟島の過去や現在のことなども話してくれて、粟島を深く知ることができました(^^)

ご飯がおいしい

le-port-awashima (7)

ル・ポール粟島では、1泊2食付きで宿泊することができます。

食事は会席料理になっていて、すごく豪華でした!

最初は、刺身や酢の物がテーブルに並べられていたんですが、

le-port-awashima (12)

こんなお肉や、

le-port-awashima (11)

ハモの唐揚げなど、次から次へと色んなものが出てきます!(笑)

個人的には、特にハモの唐揚げがおいしかったですね!

le-port-awashima (13)

そして、食後にはデザートまで出てきましたよ!

このデザートも、ル・ポール粟島で作っているそうなんですが、おいしすぎて一瞬でなくなりました(笑)

ご飯に関しては、おかわりすることができます。

le-port-awashima (14)

こちらは、朝食になります。

夕食も朝食も魚料理が多かったので、食材は粟島で捕れたものを使っているのか気になって聞いてみたんですが、そうではないとのこと。

というのも、粟島で漁師をしている人は少ないため、粟島で捕れた魚を入手することは困難で、本島で買い付けているそうです。

しかし、極力地元で捕れた魚を使用するよう心掛けていると言っていました!

ル・ポール粟島の施設

le-port-awashima (6)

ル・ポール粟島では、以下のような施設も使用できます。

  • テニスコート
  • 宴会場
  • バーベキュー
  • ラウンジ
  • 武道場
  • 研修室(大)
  • 研修室(小)
  • 和室

ウミホタル鑑賞会

ル・ポール粟島に宿泊すると、ウミホタルの鑑賞会に参加することができます。

実は、このウミホタル鑑賞会の係員も、ル・ポール粟島の支配人が務めています!

ウミホタルの説明や、写真を撮るタイミングなど、しっかり教えてくれますよ。

ウミホタル鑑賞会は、約30分程度となっています。

ル・ポール粟島の部屋

le-port-awashima (5)

ここからは、ル・ポール粟島の部屋について紹介していきます。

洋室ツイン

le-port-awashima (2)

こちらは、私が宿泊した部屋の洋室ツインです。

洋室ツインは、館内に10室あります。

ベッドは二つあり、お風呂・トイレが一緒になっています。

お風呂は、部屋でも入れますが、館内にある大浴場(温泉ではない)で入ることもできます。

le-port-awashima (4)

また、

  • ハンドタオル
  • バスタオル
  • 歯磨き・コップ
  • ボディソープ
  • リンスインシャンプー
  • ドライヤー

等、一通り揃っているので、これらは持参する必要はありませんが、髭剃りはないので持参する必要があります。

洋室ツイン宿泊料金(1泊2食付き)

  • 7~8月:10,500円
  • 6・11月:8,500円
  • それ以外:9,500円

2名で宿泊の場合の、1人当たりの料金になります。

キャビン

le-port-awashima (27)

キャビンは、4棟あり1棟5名まで利用可能になっていて、家族やグループの宿泊に最適!

本館の宿泊料金は、月によって変動しますが、キャビンに関しては1年中同じ料金で利用可能です。

また、キャビンは

  • ハンドタオル
  • バスタオル
  • 歯ブラシ・コップ

等の、アメニティグッズは用意されていなので注意してください。

キャビン室料

  • 1室5名まで:10,500円

ル・ポール粟島の宿泊プラン

ウミホタルプラン

ウミホタルプランは、ウミホタル鑑賞会に参加できるプランになります。

ウミホタルプランに関しては、ル・ポール粟島に宿泊すればこのプランが適応されます。

粟島のウミホタルの一番の見頃は、8月下旬なのでその時期に宿泊すれば、星屑の銀河のような青い綺麗な光を見ることができますよ!

バーベキュープラン

le-port-awashima (28)

5月~10月にかけて、期間限定でバーベキュープランがあり、宿泊付きか日帰りかを選ぶことができます。

宿泊付きバーベキュープラン

  • 大人:6,500円
  • 小学生:5,200円
  • 5歳~:4,200円
  • 部屋:キャビン
  • 利用は4名以上

日帰りバーベキュープラン

  • 大人:3,500円
  • 小学生:2,200円
  • 利用は2名から

その他のプラン

le-port-awashima (21)

  • ワンちゃんとご一緒プラン
  • 特別和室プラン
  • 同窓会プラン
  • 合宿・研修会プラン

ル・ポール粟島 アクセス情報

地図

漂流郵便局の記事にも書きましたが、粟島は離島のため三豊市の須田港から出ている、定期船若しくは海上タクシーを利用する必要があります。

粟島港へ着いて、海沿いを歩いていけば約5分程度で、ル・ポール粟島に到着します。

  • 高松空港から須田港まで、車で約1時間
  • JR高松駅から須田港まで、車で約1時間

家族で飛行機を利用して香川県に来る方は、荷物も多いかと思うのでレンタカーの利用をおすすめします。

関連サイト:レンタカー予約サイト「レンナビ」

営業時間

le-port-awashima (22)

  • ランチ:11:30~14:00
  • 定休日:無
  • 住所:香川県三豊市詫間町粟島1418-2
  • 電話番号:0875-84-7878

ル・ポール粟島 まとめ

le-port-awashima (30)

  • 須田港にル・ポール粟島の専用駐車場あり
  • 粟島港から近い
  • ランチ営業もやっている
  • ご飯がおいしい
  • ウミホタル鑑賞会に参加できる
  • 様々な宿泊プランがある
  • 「じゃらん」から宿泊予約ができる

関連サイト:じゃらんnet

SPONSORED LINK

関連記事

【香川県おすすめ観光スポット・フラワーパーク浦島】荘内半島に咲くマーガレット畑が満開!美しい瀬戸内海も一望できる!

昨日、友人と荘内半島をドライブしていると、「フラワーパーク浦島」なるものを発見! この

記事を読む

【行者そばがおすすめ!香川県高松市塩江町の蕎麦屋「行基庵」】近くには道の駅しおのえや温泉も!

先日、親戚たちと塩江方面に行った時の事、昼ごはんを食べてなかったので、香川県高松市塩江町の蕎

記事を読む

【香川県のこんぴらさん観光】金毘羅さんの裏参道は紅葉の名所!

11月の3連休の初日に、こんぴらさんに行ってきました! と言うのも、当初は小豆島の寒霞

記事を読む

【香川県高松市西植田町のカフェ「ジャルダン」】芝桜まつり開催中で期間限定メニューも!

今年もこのシーズンがやってきました! カフェ「ジャルダン」の芝桜まつり! 毎年このシーズ

記事を読む

【香川県の初夏のおすすめ観光スポット】坂出市のかわつ花菖蒲園で菖蒲が見頃!菖蒲祭りや茶会も開催!

6月1日より、坂出市川津町の「かわつ花菖蒲園」で見頃を迎えた菖蒲が、一般公開されているとのこ

記事を読む

【かがわ・山なみ芸術祭2016:綾川町エリアレビュー】モノハウスなど3つに分かれたエリアは「今との対話」がテーマ

現在、香川県では「かがわ・山なみ芸術祭2016」、というイベントが開催されています。

記事を読む

【映画・世界の中心で、愛をさけぶロケ地】高松市庵治町でセカチューの撮影場所を巡ってみた!

私の住んでいる香川県には、庵治町という場所があるんですが、高松市庵治町は2004年に公開され

記事を読む

【ランチ営業も!香川県高松市「淡海」】刺身定食など魚料理が美味しいお店!

先日、家族で晩御飯を食べに行くことになり、お金は出してくれるとのことだったので、だったらちょ

記事を読む

【高松市川島のイベント「灌頂市」】春日川沿いで行われる川市の由来を紹介!

先日、春日川沿いで行われる川市「川島灌頂市」に行ってきました! 毎年5月25日に開催される「川

記事を読む

【香川県高松市西植田町:勝名寺の紫陽花が見頃】蓮やあじさいなど花の寺としても有名!

先日、ふと写真が撮りたくなり、高松市西植田町の勝名寺に紫陽花を撮りに行ってきました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑