【ライブでも盛り上がるKEYTALKの人気曲・トラベリング】歌詞は「♪おいしくなあれもえもえキュン」だった!?

今回は、ライブでは欠かせないKEYTALKの人気曲、「トラベリング」について書いていきたいと思います。

SPONSORED LINK

KEYTALKの人気曲「トラベリング」

トラベリングとは

  • 発売日:2010年7月7日
  • 収録アルバム:TIMES SQUARE

ライブで盛り上がる人気曲

KEYTALKの代表曲でもあるトラベリングは、ライブで盛り上がる人気曲になっていて、KEYTALKのHOTをMOTTOワンマンツアーの、高松公演で演奏した際もかなり盛り上がりました!

トラベリングは「TIMES SQUARE」というアルバムに収録されているんですが、その中でも特に人気が高い曲で、ライブで演奏するとお客さんは盛り上がるし、KEYTALKも演奏していて楽しい曲なんだそうです。

また、お客さんからもトラベリングのような曲がもっと欲しいという要望があったので、後にトラベリングに近い路線の曲を収録したミニアルバムも発売するほど、KEYTALKにとっても欠かせない楽曲の一つになっています。

関連記事:KEYTALKのHOTをMOTTOワンマンツアーライブレポート

「トラベリング」の前後の変化

トラベリングができる前とできた後では、KEYTALKの曲の作り方が変化しているそうです。

トラベリングが出来る前までは、誰かが持ってきたパーツをみんなで作り上がるという曲の作り方だったのが、トラベリングが出来てからは、一人一人が曲を持ってくるスタイルになりました。

トラベリングの作詞作曲者名は、KEYTALKになっているので、この曲も恐らくKEYTALK全員で仕上げた一曲なんでしょうね(^^)

また、こういう事をやるとお客さんはこうなって…といったような、ライブを想像しながら曲を作るようになったのも、トラベリングがきっかけだったそうです。

作詞作曲は首藤義勝

ちなみに、トラベリングのメロディーと歌詞を考えたのは、ボーカル・ベース担当の首藤義勝です。

太陽系リフレインの記事にも書きましたが、義勝はバミューダアンドロメダという曲の歌詞は、適当に作ったと発言しています(笑)

そこで、トラベリングの歌詞の意味が気になったので調べてみました。

トラベリングは、KEYTALKの代表曲とも言える楽曲なので、さすがに歌詞には何かしらの意味があると思うんですが・・・(笑)

関連記事:KEYTALKおすすめ曲・太陽系リフレインの歌詞の意味は?

トラベリングの元の歌詞は「♪もえもえキュン」?

この曲の元が出来たのは、2010年の春頃。

当時、義勝と八木氏は「放課後泥試合」という、アニソンコピーバンドを組んでいました。

とある日のライブ終わり、放課後泥試合はメイド喫茶で打ち上げをしていました。

義勝と八木氏はこういうところに来たことがないらしく、注文の仕方もわからないしキョロキョロしていると、セクシーなメイドさんがオムライスを持ってきて、ケチャップをかけながら一言

「おいしくなあれ もえもえキュン」

と、言ったそうです。

義勝は家までの帰り道、その魔法の言葉が頭から離れなかったと語っています(笑)

そして、気がつけばその魔法の言葉にメロディーをつけて

「♪おいしくなあれもえもえキュン ♪おいしくなあれもえもえキュン」

と歌っていたんだとか(笑)

帰宅後、「♪おいしくなあれもえもえキュン」に、無理矢理歌詞をつけてできたのが、人気曲「トラベリング」です(笑)

もちろん、トラベリングの歌詞には、「♪おいしくなあれもえもえキュン」の要素は何一つ残っていません(笑)

そんな義勝は、オムライスにケチャップをかける時は、トラベリングを聴きながら

「♪おいしくなあれもえもえキュン」

と口ずさんでみてください、と語っていました(笑)

結論として、トラベリングの歌詞は無理矢理つけたということで、特に意味はないんじゃないかと思います。

加えて、巨匠がインタビューで、トラベリングの歌詞について、メロディーにあった歌詞、言葉選び、耳触りを重視したと語っています。

強いて言うなら、トラベリングの歌詞の意味は

「♪おいしくなあれもえもえキュン」

でしょうかね(笑)

関連記事:KEYTALKメンバー:ボーカル・ベース担当の首藤義勝を紹介

関連記事:KEYTALKメンバー:ドラム担当の八木優樹を紹介

トラベリング 収録アルバム

収録曲

  1. 夕映えの街、今
  2. AMY
  3. トラベリング
  4. blue moon light
  5. 消えていくよ
  6. Sunday Morning
  7. その一歩
  8. a leaf
  9. NIGHT FOCUS

Amazon:TIMES SQUARE

楽天:TIMES SQUARE

まとめ

  • トラベリングはライブでは欠かせない人気曲
  • KEYTALKの代表曲にもなっている
  • アルバム「TIMES SQUARE」に収録
  • 歌詞は、言葉選びや、耳触りを重視
  • 「♪おいしくなあれもえもえキュン」

Amazon:KEYTALK

楽天:KEYTALK

SPONSORED LINK

関連記事

【KEYTALK「MONSTER DANCE」:振り付けでライブは更に盛り上がる!】これまでにないかなり振り切ったアッパーチューン!

KEYTALKの曲の中でも、ライブで特に盛り上がる曲「MONSTER DANCE」について書いていき

記事を読む

no image

【ドラゴンボール超の主題歌:KEYTALK「スターリングスター」】4人お揃いの青いジャケットは八木氏の私服だった!?

ドラゴンボール超のエンディングテーマとして起用された、KEYTALKの「スターリングスター」について

記事を読む

no image

【ぺーいはバンド掛け持ち?KEYTALKメンバー:小野武正】ギターが上手くてももクロ大好き!

KEYTALKのメンバー紹介も今回で最後です。 今回紹介するのは、a.k.a ぺーい ぷーき

記事を読む

no image

【KEYTALKボーカル・ベース:首藤義勝の結婚騒動の真相】ツイッターで義勝結婚がトレンド入りで騒動に!?

先日のことなんですが、ツイッターで「義勝結婚」がトレンド入りしていました。 なんかネタくさいな

記事を読む

no image

【KEYTALKメジャーデビューシングル「コースター」】切ない歌詞に込められた意味とは?KEYTALKの名刺代わりの一曲!

今回は、KEYTALKのメジャーデビューシングル「コースター」について、書いていきたいと思います。

記事を読む

no image

【巨匠は音大出身!KEYTALKメンバー:寺中友将】ボクシングではインターハイ出場経験あり!

前回に引き続き、KEYTALKのメンバーを紹介していきたいと思います。 今回紹介するのは、a.

記事を読む

no image

【KEYTALKの勢いに拍車をかけるシングル・パラレル】初回限定盤にはKEYTALKの噂を検証するDVDが付属!

KEYTALKのセカンドシングル、「パラレル」について書いていきたいと思います。 セカンドシン

記事を読む

no image

【テンション上がる!KEYTALK人気曲5選】コースター等カラオケでも盛り上がるおすすめの曲を紹介!

10月28日に日本武道館で開催された、「KEYTALKの武道館で舞踏会 ~shall we danc

記事を読む

no image

【オムスターの由来は?KEYTALKメンバー:八木優樹】やぎにゃんはキス魔だった!?

今回もKEYTALKのメンバーを紹介していきます。 今回紹介するのは、a.k.a オムスター

記事を読む

no image

【ジョニー義勝の大学は?KEYTALKメンバー:首藤義勝】ベースを始めたきっかけはギターだった!?

気が付けば10月。 KEYTALKの武道館公演「KEYTALKの武道館で舞踏会 ~shall

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑